Record

公式記録

2018年5月25日(金)@豊洲PIT
「KICK ADDICT!」

▼第6試合 メインイベント 日タイ国際戦 55kg契約 3分5R
○ダウサイヤム・ノーナクシン(21=タイ/ノーナクシンムエタイジム東京)
判定3-0 ※49-46、49-47、49-48
●藤原あらし(39=バンゲリングベイ・スピリット/全日本スーパーバンタム級王者)

▼第5試合 55kg級夢の対決 エキシビションマッチ 3分2R
-寺戸伸近(37=Booch Beat/Krushスーパー・バンタム級王者)
勝敗なし
-宮元啓介(25=橋本道場/WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級王者)

▼第4試合 ボクシングマッチ 55kg級契約 特別ルール 2分3R
△高野人母美(30=フリー)
ドロー
△吉田正子(35=FIGHT CHIX)

▼第3試合 エキシビションマッチ 3分2R -天笠 尚(32=柳工業/元プロボクシングOPBF東洋太平洋フェザー級王者)
勝敗なし
-大月晴明(44=マスクマンズ)

▼第2試合 錦和道28歳負けたら即引退マッチ 3分5R
○雅 駿介(24=PHOENIX)
KO 3R1分24秒 ※左ハイキック
●錦 和道(28=柳工業)

▼第1試合 3分3R
○旭野ミノル(25=ゴールデングローブ)
KO 2R2分12秒 ※左ハイキック
●金城裕哉(26=RIOT GYM)

Photo

イベント写真

































































































Performer

対戦カード

試合 選手名
第6試合
3分5R
メイン
藤原あらし
(バンゲリングベイ・スピリット)

vs
ダウサイヤム・ノーナクシン
(ノーナクシンムエタイジム東京)
第5試合
3分2R
エキシビジョンドリームマッチ
寺戸伸近
(Booch Beat/Krush スーパー・バンタム級王者)

vs
宮元啓介
(橋本道場)
第4試合
2分3R
ボクシングマッチ55kg級契約特別ルール(KO以外はドロー)
高野人母美

vs
吉田正子
(FIGHTCHIX)


【お知らせ】
第4試合の開催について
前日計量にて、高野人母美選手は「1.1kgオーバー」という結果でしたが、吉田正子選手、両名と協議の結果、吉田選手が6オンス、高野選手が8オンスのグローブを使い、高野のファイトマネー30%を没収して吉田に払うこととして、試合は開催することとしました。
第3試合
3分2R
エキシビションドリームマッチ
天笠尚
(柳工業 )

vs
大月晴明
第2試合
3分5R
雅駿介
(PHOENIX)

vs
錦和道
(柳工業 )
第1試合
3分3R
旭野ミノル
(ゴールデングローブ)

vs
金城裕哉
(RIOT GYM)


出演バンド

No. バンド名
湾岸の羊〜Sheep living on the edge〜
ポイズンアーツ
GDXakaSHU

第四胃袋ギアラ

オープニングアクト

①みついろ

②片目惚れ-hitomebore-

③キャプテンクーコッチ

Access

会場名

▼会場
豊洲PIT

▼住所&電話
東京都江東区豊洲6-1-23 TEL:03-3531-7888

▼アクセス
ゆりかもめ「新豊洲」駅北口徒歩2 分
東京メトロ有楽町線 豊洲駅6番出口徒歩13分

車/首都高10 号晴海線「豊洲出口」3 分
※近隣に有料駐車場有

ticket

チケットプレイガイド

e+(イープラス)
※5/10(木)受付開始


ローソンチケット
※5/11(金)受付開始 Lコード:32622


後楽園ホール
(後楽園ホールビル 5F 後楽園ホール事務所)
10:00~19:00 ※夜間興行のない日は、17:00まで
電話:03-5800-9999



チケット料金

■VIP席 ¥20,000(記念品付き)
■SRS席 ¥10,000
■S席 ¥8000
■A席 ¥6,000
■B席 ¥4,000
■立見自由席 ¥2,500 ※会場最後方等

※入場時にドリンク代と致しまして、別途500 円かかります

Press conference

発表記者会見 文字起こし


出演:小林さとし × KATSUTA★ × HIRØ
司会:石丸元章
会場:狛江convenient スペース
写真:菊池茂夫


司会
本日は「KICK ADDICT!」音楽と格闘技のミクスチャーイベントの開催発表記者会見にご来場いただきまして誠にありがとうございます。かつて野良犬との異名をとり、ムエタイの現役王者をKOという歴史的快挙を成し遂げた伝説のキックボクサー小林さとしが、アンダーグラウンドロックシーンのレジェンドと手を組み、音楽と格闘技のミクスチャーイベントを立ち上げました。そのイベントの名は「KICK ADDICT!」。5月25日(金)東京・豊洲PITにて開催致します事を発表させていただきます。本日の司会進行はライターの石丸元章です。よろしくお願いします。

ということでキックボクシング界からは現役時は様々な死闘を繰り広げ、引退後はプロデューサーとして沢山の大会、格闘技界を賑わせる野良犬こと小林さとしが今回もこのイベントに立ち上がりました。小林さとしの登場です(小林を呼び込む)



小林
どうも皆さん、お忙しい中、今日はありがとうございました。小林パンクです(笑)。冗談はさておき、このたび「KICK ADDICT!」と言って、キックと音楽のコラボレーションをやる事になりました。

司会
今回のイベントは格闘技と音楽の2つのコラボレーションイベントと言う事でこの記者会見には格闘技を代表してプロデューサーの小林さとしさんが来てくれました。そしてもう一人、音楽の立場から代表するのがこの「KICK ADDICT!」の出演者であるHIRØさんに来て頂いてます。HIRØさんはライジングサンのボーカル、カイキゲッショクのリーダーとしてジャンルを問わず様々な活躍をしている人気のミュージシャンです。湾岸の羊よりボーカルのHIRØさん登場です(とHIRØさんを呼び込む)。と言う事でパッと見、異色な感じもするんですが、2人共ミュージシャンに見えなくも、見えるような、2人組のミュージシャンに見えるような気もするし、2人とも格闘家に見えなくもないみたいな凄く異色な2人の感じがするんですけども、2人揃った所でまずは「KICK ADDICT!」プロデューサーの小林さんから皆さんにご挨拶の方を改めてお願いします。

小林
小林さとしです。よろしくお願いします。今回ですね、キックボクシングと音楽のイベントをやりたいと思いまして、まずは柳工業の柳社長からこういうお話を頂いて、2人とも格闘技と音楽が好きなので、柳社長の方からKATSUTA★さんを紹介して頂いて、自分はこの間HIRØさんのライブを見た時にKATSUTA★さんがベースを弾いたりしてたんですけど、自分はHIRØさんの音楽が好きなので是非HIRØさんを出して欲しいと言う事で今回快く出てくれる事になりまして、自分は凄く楽しみです。自分は数あるキックボクシングの大会が色々ある中で同じ事をしてもしょうがないと思っていましたし、また自分が可愛がってる選手も試合をさせなきゃいけないというのと、この話が一致して、まあ通常のキックボクシングの興行をやる気はないので、やっぱりエンターテイメントとしての面白い事が出来ないかなと言う事でこういう事になりました。他では見れないような風景というか、イベントを作りたいと思っていますので、是非皆さん応援してください。よろしくお願いします。

司会
ありがとうございます。小林さんは今、野良犬祭の方で単なる普通の格闘技とは違うユニークなものをやっていて、テレビ中継も始まりまして大変話題になっています。

小林
玉テレで(中継放送を)やります。見てください。また、通常のキックボクシングの団体をやる気はないので、普段は野良犬祭という立ち技格闘技の色んな種類の立ち技を出して、最後はキックで締めるという。今回もそれと一緒で別ブランドとして、パンクとかロックと最後はキックボクシングで締めてみたいな。野良犬祭も最後はキックボクシングで締めてみたいな。凄く好評だったんで、もう一つブランドとして皆さんに喜んで頂きたいと思いますし、一番は自分が楽しそうだなっていうのがあって、絶対これもお客さんも楽しいなと思いました。

司会
続きましてこのイベントの出演バンドとして出てもらう湾岸の羊のHIRØさんより挨拶お願いします。



HIRØ
こんにちわ。今回僕の大好きな野良犬さん、小林さとし選手から、元々今回こうやってこの場に立たさせてもらうきっかけと言いますか、KATSUTA★の方から連絡が来まして、ちょっとキックボクシングとロックのコラボイベントなんだけどどう?っていうふうにきたんですけど、ここは二つ返事で、ちょっとメンバーに聞いてみるんで、ちょっと待ってくださいという。ありがとうございます。そしたらですね、2日後くらいに小林さんの方から連絡があって、それ僕のイベントなんですっておっしゃってくれて、そうなんですか?と。これは断る理由はないと。今日参加して、記者会見に一緒に参加できる事を光栄に思っています。ありがとうございます。

司会
HIRØさんは、元々格闘技はお好きな方なんですか?

HIRØ
僕は大好きで極真空手をやらせてもらったりとか、US大山空手とかずっとやらせてもらったりしたんですけど、ライジングサンの頃にK-1の魔裟斗、宇佐見陽雄さんと組んで、ウルフレボリューションというのをずっとやったりとかもしてたんですけど、K-1とロックっていうイベントを当時は六本木のヴェルファーレとかでずっとやっていたんですけど、それ以来。また格闘技とロックがコラボレーションが出来るっていう事と、まあ格闘技とロックって熱いモノ好きというか、パーンと瞬間に火が点くようなものが。なんでファン層は大体似てるのかなと思うんで、本当にもしいい意味で融合出来たら凄く面白い事になるんじゃないかなって。まあ僕はイチ出演者なんですけど、何かこのイベントが続けられていくのであれば、なんか僕もちょっと色々出来る事があったら、お手伝いできたらなと思っています。

司会
小林さんは格闘家であるんだけども、音楽とかご自身も演芸をされてますし、得意と言うか好きというか。

小林
今回は「KICK ADDICT!」バージョンでKATSUTA★さんの色を真似して朝、美容室いってきたんですけど、全然赤くならなくて、さっきヘアワックスで。「KICK ADDICT!」はこれで出ます。何の為に美容室に行ったのか(笑)。



司会
意気込みが伝わって来ると思います。考えてみると格闘家の入場の音楽って言うのは必ずその選手の好きな音楽をかけて気持ちを盛り上げながら入ってくるから実は音楽と格闘技というのは相性が良くていいんだけども、なかなか一緒に生で見るという機会は少ないから今回は凄くそういうのが生きてくるような感じになってくるかと。

小林
HIRØさんを見ればわかるようにロックをやっている人は体を鍛えて、格闘技が好きな人が多いんで。

司会
格闘家みたいですよね。WWEみたいな。それでは大いに期待したいと言う所なんですが、かねてからお知り合いなんですよね?

小林
あまり言いたくないけど、以前GMをしていた団体の旗揚げも来てくれましたし。

司会
このイベントが企画されるずっと前から友情関係があって。

小林
HIRØさんとやりたいとふわっとは思ってたんですけど、そんな機会まずないじゃないですか。思うもんだなと思って。HIRØさんのライブ好きなので。


――――――――――
対戦カードについて
――――――――――



小林
第1試合は自分の教えている子なんですけど、コイツは沖縄には苦手意識があって、沖縄の選手には2回くらいKOされてるからわざと沖縄を当ててやろうと。第2試合は錦と言いまして、私が以前教えてたんですけど、ちょっとクビにしたもんで。修行しろという意味で。この対戦は前にやってまして、2年位前か、あれ。これでKO負けして錦が。そこから9連敗。相手は9連勝。因縁の対決という感じです。進退を懸けた闘い。錦和道29歳、負けたら即引退。

司会
凄い事宣言しますね。いいのかな。錦選手は今、下田昭文選手からプライベートのレッスンを受けながら練習していると聞いてますが。

小林
練習とか環境は超いい。天竺さんはこの間引退したばっかで。これはやっぱりボクシング協会の事もあるんで、普通のボクサーじゃない今面白い奴がいるんですよ。それを今予定しているんで。ボクサーでは無いと言っておきましょう。ボクシングルールですけど。

司会
大丈夫ですか? 協会から処罰受けませんか?

小林
第4試合はK-1さんの方から送り出してもらった寺戸選手とノックアウトで活躍しているイノベーションバンダム級王者の宮元君というなかなか実現しないカード。格闘技ファン、ロックファンにも面白いかと。

司会
こちらのカードなんですけど、エキシビジョンではありますが、違う団体の各チャンピオン。

小林
寺戸はずっと僕の後輩。ジムは違えど。仲良くしてもらってる後輩なんですけど、如何せん所属はK-1さんなんで中々難しいですけど、寺戸の熱意とK-1さんのご理解で送り出してもらいました。寺戸選手のコメントも僕に送られてきたんですよ。「今回は先輩の小林さとしさんプロデュースと言う事で出場を決意しました。エキシビジョンマッチですが、強さを発揮して公式戦以上に盛り上げたいと思います」。だそうです。普段は交わる事のない2人なんで面白いかなと思います。



司会
エキシビジョンとは言ってもかなりバチバチの…。

小林
お互いの看板をかけた。

司会
プライドを懸けた戦いになると言う事ですよね。注目です。

小林
メインは藤原あらし君ですね。僕のイベントにいつも出てくれてるんですけど、ムエタイ3連戦じゃないですけど、ダウサイヤムという選手と5ラウンド戦います。

司会
小林さとしが考えに考えて腕によりをかけて作ったマッチメイクという感じで、短いコメントの中にも滲み出るような感じがして見応え十分だという風に思います。


――――――――――
音楽について
――――――――――



司会
次にバンドの方なんですが、HIRØさんは今回「KICK ADDICT!」に出演するバンドの一つのバンドのボーカルと言う事で今日ここにご出演願ったんですけど、「KICK ADDICT!」には幾つかのバンドが出る事になっています。出演バンドなんですけど、オープニングアクトで片目惚れ-hitomebore-(ひとめぼれ)、みついろ、第四胃袋ギアラ、ポイズンアーツ、湾岸の羊というかなりハードでコアな音楽出演バンドになっています。出演者のヒロさん、出演メンバーの一人としてどういうふうな感じで?

HIRØ
僕今日来るまで出演バンドも何も知らなかったんですよ。誰が出るんだろうってずっと思ってたんですけど、アイドルの方も出られるという事でバラエティーに富んでるんで楽しみです。石丸さんが司会をやっているという事で、カメラマンのキクチさんもいてKATSUTA★君もいて、バースト臭が強いなと思うんですけど。

司会
私達、ひとつの広い意味では90年代~2000年代にかけてのカルチャーをそれぞれ違うジャンルでやってきたメンバーという事になります。私は文章書きとして本を書く立場で、主にドラッグをテーマに文章を書いていて、HIRØさんはストリートの代表選手、音楽なんかをやりながらカルチャーに参加している。KATSUTA★さんはタトゥー、音楽という方でカルチャーのそのシーンの代表者でいて、実はこのシーンの中で、我々の一つのストリートシーンがあって格闘技とは限らなかったんですが、そのメンバーが今回小林プロデューサーの元で全員集合して、ストリートのカルチャーがリングに上るんだという感じだと思います。小林さん、出演バンドに関してなんですけど、これも腕によりをかけて選んでくれたと。



小林
まずオープニングの片目惚れ-hitomebore-(ひとめぼれ)さん見に行って凄くよかったです(片目惚れ-hitomebore-(ひとめぼれ)から2人登場し、しばらく会話に加わる)

司会
今回はアイドルが出たりする感じなんですが、後は音楽はどういう風に選んで行ったんですか?

小林
映画監督の河崎実さんの今度の「電エース60」っていう映画があるんですけど、そのメインの出演者が皆バンドマンなんです。そのフェスティバルをこの間見に行った時に声かけたバンドとか。

(KATSUTA★が会見に乱入)



KATSUTA★
社長にお呼びがかかりましてちょっと何か協力して欲しいと言う事で、バンドとキックのコラボをやるという事で手伝わせて貰ってます。よろしくお願いします。

司会
KATSUTA★さんは格闘技は親和性が高いと言うか、お好きなんですか?

KATSUTA★
普通に大好きです。よく見に行ったりしてます。

司会
見に行くというより噂によると専らの戦う方ではないかという説も。

KATSUTA★
いや僕ははったり十段なんで、僕みたいな人に喧嘩を売る人は本物だから。あまり扱わないようにして、走って逃げる方向で考えております。

司会
喧嘩売りたくないですね。3人共凄いな、勢いが。圧が凄い。KATSUTA★さん、どういうような感じでバンドをチョイスしていって、どこがいいみたいな所ってあります?

KATSUTA★
キックのイベントだったんでまずHIRØ君を思い出して、その後にポイズンアーツっていうバンドがやっぱりキックをやっていてリングで戦っていたんで、そのバンドを選びましたね。その後は色々ちょっと考えてみんなでミーティングしてやってます。



司会
湾岸の羊なんですけど、HIRØさん。今回はリングが隣にあってそしてステージでやると言う事でいつものライブハウスとは感じが違うと思うんですが、意気込みは?

HIRØ
言ってもラウドなバンドなんで、大きい箱の時は大きい音、小さい箱でも大きい音っていつも心がけているんで、そう言うものがどれだけキックのファンの、格闘技を扱う人達に届くか。花を添えられたら、ちょっとでもイベントのスパイスになったらいいなと思って。

司会
格闘技を見て熱狂してるお客さんと音楽を見てワーと熱狂しているお客さんの熱狂がミクスチャされた時に、どんな会場が生まれるのか楽しみにしているんですけど。

HIRØ
そこですよね。例えばバンドの最後の曲で選手が入場して来るとか、試合が終わって選手退場ですって言った瞬間に次のバンドがバーンって始まったりとか、そういうのが出来たら面白いですよね。

司会
今回は生演奏ですからね。普段見に行った時に聞くのは録音で音響で聞くんですけど、生ですからね。

HIRØ
僕思ったんですけど、入場させてもらった時にやっぱもっと音を上げてほしいなって。喋ってる時はもっと下げてほしいなって。メリハリで。

――――――――――
最後に
――――――――――



司会
後、今回私が注目しているのがタトゥーの扱いなんですけど、KATSUTA★さんはバリッと入ってますけど、出場選手の中にタトゥーの選手も何人かいらっしゃる訳ですよね。そこも通常のボクシングとかでは隠したりする事もありますけど、「KICK ADDICT!」においては音楽、格闘技の象徴として自由を標榜しようと言う事で。

KATSUTA★
そうですね。ラウンドガールもタトゥーの女子を呼んだりしてますから。

司会
そういう意味での表現の自由をリングの上、ステージの上で存分に見て貰おうという趣旨もあるんですよね。

HIRØ
このメンツとか格闘技とか戦う事とかロックとか、綺麗事を言う訳じゃないんですけど、ちょっとヤカラとか不良の集まりだと思われるとちょっとそこは困るんですけど、平日のお昼と言う事もあるじゃないですか。僕もちょっと2歳になる子供がいたりとかするんですけど、子供達と色々出来たりとか、戦ってるからこそロックをやってるからこそ優しかったり、そういうのって学んできてると思うんですよ。そういう平和についてと言いますか、もう漠然としたポカーンとした平和ですけど、そういう物を感じられるイベントになったらいいなって凄い思ってます。

KATSUTA★
キッズコーナーを作ろうと思ってます。

HIRØ
キッズエリア、よろしくお願いします。去年50歳を迎えまして、バースデーパーティーでキッズエリアを設けたんですけど、除菌は大事です。風邪がうつるとみんなにうつるんで除菌をお願いします。

小林
それと会場に出店とかイベント体験コーナーとか。ボクシング世界チャンピオンがミットを持ってくれて対戦したりとか、そういうお祭り的な感じになると思うんでそういうのを楽しみに来てくれるといいかもしれないですね。

――――――――――
記者からの質疑、応答
――――――――――

――野良犬祭とは別ブランドでやっていく?

小林
はい。

――続けていく?

小林
そりゃ成功すれば続けて…やりたい事です。

――野良犬祭の次は決まっているんですか?


小林
8月25日です。


――――――――――
フォトセッション
――――――――――


▲片目惚れ-hitomebore-(ひとめぼれ)の二人と小林


KATSUTA★&小林さとし&HIRØ

(終わり)

Special

高野人母美、緊急参戦決定!



\緊急参戦!/
高野人母美「KICK ADDICT キックアディクト」に参戦決定!!!!

ボクシングマッチ55kg級契約
特別ルール2分3ラウンド(KO以外はドロー)

高野人母美(フリー・第2代OPBF東洋太平洋女子スーパーバンタム級王者)
vs
吉田正子(FIGHTCHIX)